woman-918788_1280

ニキビ・吹き出物・アトピー 双龍門足反射区

頭皮のニキビ・吹き出物・アトピー・痒み・赤み・フケを直した改善方法

投稿日:4月 30, 2016 更新日:

頭皮のニキビ・アトピー・吹き出物・痒み・赤みと戦い

頭皮のニキビ・アトピー・吹き出物・痒み・赤みと戦い始めて、はや8年が経ちました。

痒くて、痛くて、仕事に集中できないんです。常に頭皮が気になって、いつも頭を触っている。フケも凄くて、スーツ襟をいつも払っていました。

本当に辛いんです。分かってもらえますでしょうか?この辛さが!朝はまだいいんですけど、夕方・夜なんかは仕事が手につかないぐらい頭皮が痛痒いんです。

直す為に本当にいろんなことしました。シャンプー・ローション・オイルマッサージはネットなどで調べて良さそうなものは一通り試しました。(最終的に今でも馬油シャンプーを使ってます。)

▶︎頭皮ニキビ・吹き出物・かゆみ・赤みと8年間格闘した僕の使用シャンプー

タバコもやめましたね。コーヒーかなあとか思ってコーヒーもやめました。(後々分かったのですが、コーヒーが悪いのではなく、砂糖・ミルク入りの缶コーヒーが悪いんです。)

薬漬けの日々

何をしても、良くならず、薬(抗生物質)を飲むことで、ずっと誤魔化し続けていました。ミノマイシンという薬を飲んでいる時だけはなぜか治るんですね。でも様々な病院のどの先生に聞いても理由が分からないんです。もう薬漬けです。

日に日に薬が効かなくなってきて、薬を飲むペースを上げないとダメになってきて、このまま一生薬を飲み続けるのもやだなぁと思うんでけど、なす術がないんですね。薬飲んでないと本当仕事にならないんです。

本当にいろいろな病院に行きました。でも、どこの病院に行っても、はっきりとした原因を教えてくれる先生はいませんでした。結局薬を出されて様子を見ましょうとなります。

ミノマイシンを飲んでいれば、頭皮のニキビ・吹き出物・痒み・赤みは治まるのに、どの先生に聞いても理由がわからないんです。悶々とした日々、諦めかけた日々なんと6年です。

東洋医学との出会い

そして、ついに出会った東洋医学と、本物の先生。ここから、いよいよ僕と頭皮の第二ラウンドが始まります。

僕の症状を見かねた嫁の紹介で、ある先生を紹介されたんです。嫁は以前から腰痛に悩んでおり、嫁も会社の先輩に紹介されたらしいです。

その先生は不思議な力で数々の難病患者さんを治しているらしいんです。もう何もなす術のない僕は、「不思議な力」にすら頼りたいほど追い込まれていました。

その先生のところには、噂を聞きつけ全国から患者さんが来るとのことで、土日となるとなかなか予約が取れないとのことでした。予約を取るのも一苦労。僕はサラリーマンなので、休みは土日しかありません。まだ家が近いのが幸いでした。

初めての予約電話(ドキドキ)でやさしい声のおじさんが出ました。土日で空いているのはなんと3週間後とのこと。長い長い3週間でした。僕は薬で頭皮の吹き出物・ニキビ・痒みをごまかしながら、3週間を待ったんです。

そして、当日。嫁と二人でとあるマンションに向かいました。その先生、遠藤先生が使う不思議な力とは「気」でした。元気な僕だったら「はぁ!?『気』って!?」となっていたと思います。

でも、その時の僕は、本当に良くなるのか、すがる気持ちでいっぱいでした。もうなす術なかったですから、試せることは何でも試してみようと思いました。

遠藤先生の治療は、気功・お灸・整体。

治療の途中から体がぽかぽかしてくるんですね。気功は経穴(ツボ)や頭皮に軽く手をあてているだけです。お灸もツボに軽くお線香のようなものをかざします。一般的なお灸とはちょっと違いました。あとは身体全体を整える整体でした。

そして施術終了。みっちり2時間。でも、驚くほど、頭皮がスッキリしています。本当に本当に嬉しかったです泣。これでついに薬をやめられる。やっと、頭の吹き出物や痒みを気にしなくてすむ。

僕は遠藤先生のありったけのお礼を言いました。

肌トラブルはそんなに甘くない

しかし…

現実はそんなに甘くなかったんです。

遠藤先生に治療してもらったあと2~3日間は頭皮の調子はいいんですけど、薬を辞めたせいかすぐにぶり返してきます。やはり体質がそうゆう体質になってしまったのだと痛感しました。

それから、遠藤先生のところに2週間おきぐらいで通うようになります。1回5000円ですけど、遠藤先生のところに通えば症状は良くなりました。

でもしばらくするとぶり返す。2~3ヶ月間そんな日々が続きました。

遠藤先生のところは予約を取るのも大変だし、1回の施術もまあまあの金額でしたので、治ればある程度の金額はしょうがないと思いながらも、なんとか自分でできることがないかなぁと模索していました。

新たなる東洋医学の先生との出会い

そんな時に、出会ったもう一人の東洋医学の先生。グランドマスター「黄 龍英」先生。

グランドマスターの診察結果は「肺」が生まれつき悪いとのことでした。また日々の不摂生から内蔵(五臓)に「熱」を持ってしまったとのこと。

東洋医学での「肺」は西洋近代医学の「肺」と少し違います。西洋近代医学での「肺」はただそれだけを示しますが、東洋医学での「肺」はそれだけを示すわけではありません。「肺」は、大腸、皮毛、鼻とも繋がっているのです。ですから小さい頃から、お腹を壊しやすく、肌が弱く、鼻炎でした。最近では、髪の毛のほうも薄くなりだしました泣。

全ては「食」から始まる

黄先生からは食事のアドバイスもありました。僕に勧められたのは、

とにかく断糖、砂糖の根絶!

でした。

その他には玄米、青汁豆乳、羊肉、モロヘイヤ、亜麻仁油、プチ断食でした。

グランドマスターも患者さんで忙しい方なのですが、仲間やお弟子さん達が、黄先生の東洋医学の情報を発信してくれています。

それらの情報を元に僕は、食事と気功法を学び、頭皮の吹き出物と痒みに戦いを挑みました。

まずは断糖、シュガーレス。これが本当に大事なんです。砂糖のせいで肌トラブルになっている人、本当に多いです。僕は元々そんなに甘い物が大好きというわけではないので、甘い物を止めるのはそんなに難しいしいことではなかったです。

だだ、意志力の向上や、疲れには糖は有効だと勉強していたので、夕方結構甘い物食べてました。会社って何かしらおやつとかあるんですよね。これが僕の体調が悪くなった原因の一つだと思います。

なぜ砂糖をやめる必要があるのか、「砂糖で人生が狂う!砂糖を止めれば人生が変わる!」を読んでみて下さい。

次は、食事。身体の熱を取るため、富士そばで、ゆず鳥ほうれん草そばをよく食べました。もうほぼ毎日、昼夜ゆず鳥ほうれん草そばでした。食べる量も少し減らしました。食べ過ぎには本当注意しました。取り組み始めたのが夏だったので、そんなに食欲がなかったのも幸いしました。あとは、羊肉・青葉系野菜・玄米・亜麻仁油を摂取しました。

上半身・頭に昇った「熱」を降ろす

人のエネルギー「気」は、暖かいところが好きで、気の巡りが悪くなっている人は、だんだん上半身に気が上ってきてしまいます。人体は頭寒足熱の状態が良いとされています。頭つまり上半身が冷えていて、足つまり下半身が暖かい状態。

しかしこの頭寒足熱の状態は、本当に人体の気・血・水がしっかり巡っている状態でないと維持することは難しいのです。

ですから、上半身に上がってしまった熱を下すには、特に夕方・夜になると熱が頭に昇ってしまう為、熱を下すために、半身浴を取り入れました。上半身に上がった熱を下すには下半身を温め熱を下すのが、最適なんです。

さらにさらに頭に上がった熱を冷やす為、半身浴しながら上半身を乗り出し、頭に真水のシャワーを浴びました。頭がすっきりして気持ち良いです。痒みが治まります。これはオススメです。

気功法(気トレ)のスタート

次に、身体の気の巡りを良くするため、気功法に取り組みます。

気が不足している状態は、気が上半身に登りやすくなってしまいます。

まずは、今までの不摂生やストレスにより身体に溜まった悪い気(邪気)を出すために、動禅という気功法に取り組み始めました。

毎日30分ぐらいを続けました。とにかく頭皮を直したくて本当に一生懸命気功法を続けました。週末は1時間ぐらいやりました。半年ぐらい毎日毎日やりました。

少しづつ良くは良くなりました。確か良くなってきていました。でも完治まではまだまだかかりそうでした。

足反射区健康法も始める

そこでさらに足反射区健康法をも始めました。

足のマッサージや青竹踏みはそれだけで身体の熱を下す効果があります。

しかし足反射区健康法は、熱を下すだけでなく、アトピーや皮膚炎に効く反射区を刺激します。体の中の「血・水・気」の滞りを改善し、内臓の「熱」を取ります。さらに肌との関連が強い副腎の足反射区を特別な押し方で刺激します。毎日お風呂の中で半身浴しながら続けました。

img_7623

汚くて申し訳ありませんが、これ僕の足です。こんな感じで今でも頭皮の状態が思わしくなかったり、顔や背中にニキビができた時は、足反射区しています。

東洋医学との出会いから約1年経過

このような生活を約3か月続けた結果、ようやく頭皮のトラブルがほぼほぼ治りました。今でも気を抜き不摂生が続くと頭皮の状態が良くないです。

しかし本当に長かったです。ここまで来るのが。元々は自分の不摂生が原因なんですけど。そうなんですけど、「食事」が大事ってなんとなくは分かっていましたけど、お袋も「肉ばっかじゃなくて野菜・魚も食べなさい!」って言ってくれてましたけど、こんなことになるとは思ってなかったです。でも「砂糖」がダメだなんて知らなかったです。

東洋医学は「食事」に始まり「食事」に終わります。全ての基本は食事にあります。食事を疎かにしていては、他にどんなにいいことをしても無駄です。本当ですよ。僕は自分で体験したんですから。

だから、東洋医学は自分でできるところが良い面である一方、自分である程度取り組まないと効果がないんです。

何か体に現れた症状を医薬品とかで外部から直そうとしても、結局それは応急処置でしかなく、もうそういう体質になってしまったのだから、結局また再発してしまいます。体質から改善しないと。食事を変えないと。

ガンの再発生率が高いのもそういうことです。薬や手術で治しても、体質は変わってないですから、また再発してしまうのです。

東洋医学に出会い体質改善に取り組み始めたのが、2014年7月。それから1年間は徹底的に食事・気功法・足反射区を実践し、2015年7月には頭皮のニキビ・吹き出物・痒み・赤みはほぼ完治しました。

それだけではなく、半うつ病、異常な眠気、薄毛の進行、が治り、ダイエットにもなりました。というか30歳代になってまさかコンディションがピークになるなんて思ってもみなかったです。絶好調になりました。

▶︎一生物の技術!【双龍門】足反射区健康法 実践会 はこちら

 

-ニキビ・吹き出物・アトピー, 双龍門足反射区

Copyright© 東洋医学・薬膳の力で収入が3倍になった男の健康習慣 , 2020 AllRights Reserved.