woman-570883_1280

疲労感

結局、呼吸!呼吸法だけで疲れない体を作る方法

投稿日:5月 19, 2016 更新日:

正しい呼吸法を身につければ、それだけで疲れにくい身体を作ることができます。

呼吸をゆっくりする効果は、科学的に証明されています。
スタンフォード大のケニーマクゴニカル氏は、呼吸のペースを1分間に4~6回に抑えると前頭全皮質が活性化し、自制心・ストレス・意思力・欲求・憂うつに効果があると発表しています。1度、2~3分でいいので試してみて下さい。本当に効果があります。

呼吸法の大事なポイント

それは、口呼吸はダメだということです。口からパワー・気力が出ていってしまいます。ですから、激しいエクササイズは疲れるのです。続かないのです。

呼吸は全て鼻呼吸です。舌を上顎につけて鼻で吸って、鼻で吐く。

更に更に大事なことがあります。吸ったあとに息を止めることです。するとパワーを取り込むことができます。溜め込むことができます。鼻で5秒吐いて、鼻で5秒吸って、5秒止める。

その際は必ず、「吐く」から始めて下さい。先ず先に身体の悪いパワーを先に出さないと、良いパワーは身体に入ってきません。ゆっくり細く長くです。

仕事の合間、疲れた時に試してみて下さい。頭がスッキリし、集中力が回復します。これは僕の先生の秘術です。

気功法をどんなにやっても疲れないどころか、パワーが溢れてくるのは、こういう原理です。気功法やヨガも大事なのは、呼吸です。気功法やヨガを身につければ更に効果を感じることができ、長時間できるようになりますので、継続し易くなると思います。

呼吸法には色々なやり方がありますが、基本はこのやり方でOKです。

一時的にパワー溢れる身体を手に入れるだけでは不十分です。「身体に良い習慣」を身につけることこそが、人生の成功のカギだと思います。
常にパワー溢れる身体さえあれば、なんでもできます。

-疲労感

Copyright© 東洋医学・薬膳の力で収入が3倍になった男の健康習慣 , 2020 AllRights Reserved.